日照時間が重要!発電量に関わる太陽のあたる時間

クリーンな発電設備として注目を集めているのが、太陽光発電です。太陽エネルギーを電気に変えることで、空気を汚す事がありません。しかし、太陽光発電システムは、まだまだ開発の余地があります。気になるのは、発電量の点です。太陽光発電パネルが生み出すことができる発電量を左右する要素は、日照時間です。太陽の光が長く太陽光発電のパネルに当たっているほど、トータルでの発電量は大きくなります。日照時間の長い地域では、太陽光発電が有利でしょう。

パネル増強で太陽光発電の発電力を強化!

太陽光発電は、発電パネルが電力を生み出します。そのため、発電パネルの面積が広いほど、発電量は大きくなります。一度に多くの電力を得たいのであれば、発電パネルの面積を広げることで、大電力でも確保が可能です。メガソーラーでは、広範な範囲に渡って太陽光発電パネルを設置することにより、大規模な発電を可能にしています。太陽光発電で発電量が物足りないのであれば、発電パネルを追加することにより、強化が果たせます。

効率向上!太陽光発電パネルの新製品

太陽光発電システムの開発は、今も続けられています。太陽光発電パネルの変換効率は、まだこれから向上していく余地を持っています。新しく開発された太陽光発電パネルであれば、従来のものに比べると発電量が多いですね。ただし、新しく電力の変換効率に優れた太陽光発電パネルの製品は、従来のものに比べて値段が高い傾向にあります。発電量を優先するか、あるいは価格を優先するかは、太陽光発電を採用する人の判断によります。

太陽光発電の価格については、買取業王者の利潤保証を目的としたプレミアム期間が2015年6月末で終了しています。伴って、全量買取における7月以降の価格が2円/kwhの引き下げとなっています。