口下手では仕事ができない

広告代理店によっては、デザイナーと営業マンを分けて仕事を行っている企業もありますが、何事にも仕事を受註するためにはコミュニケーション能力を必要としますよね。絵を得意な方の中には、絵は得意だけど話下手と言う方が多くいますよ。広告代理店でデザイナーとして活躍するには、デザインの解釈についてデザイナーが論理的に説明をする必要性が出て来る事もあります。そこでモジモジと話す姿は、デザイナーのみならず広告代理店の資質を疑われしまいますよね。広告代理店でデザイナーとして働くためには、絵のセンスはもちろんの事、会話術を分析できるほど学ぶ必要性がありますよ。

残業について文句は一切言わない

広告代理店の仕事は特殊であるため、残業代については一切文句を言ってはなりません。そもそも広告代理店の仕事は、残業があって当然と思う必要性がありますよ。当たり前の事ですが第一に、納期までに受註をした仕事を納めなければ仕事ができない広告代理店だと思われ仕事を失ってしまう可能性があります。第二に、広告と言うのは依頼者の本業の仕事では無いため、依頼者が仕事を終わってから夕方に打ち合わせが行われる事もありますよ。業界では残業と言うのは当たり前の内容であるため、面接時には絶対に残業と言う言葉はタブーだと考える事が重要です。

強い肉体と精神力を必要とする

広告代理店は、様々な場所に足を運ぶ必要性がありますよ。例えば依頼主が、モデルを起用したいと考えればモデル事務所に足を運び、モデルの派遣の打ち合わせを行う必要性がありますよね。撮影を行うのであれば、スタジオにも足を運ぶ必要性があります。広告が印刷物であれば、印刷会社にも足を運び、印刷を行った内容を依頼主にチックしてもらう必要性もあります。肉体的に体力を持ち合わせる事が重要です。依頼主が広告を発注する目的は、広告によって利益を上げる事ですよね。利益が上がらなければ、広告主から様々な指摘を受ける事もあります。精神的に辛い事も出てきますが、依頼主が満足をすれば、その思いは何倍にも自分に返ってきます。特にデザイナーの方は、自分自身の価値が不評的に指摘されると精神的なダメージは強くなるため、それに耐えれるような精神力を養っておく事が大切ですよ。

代理店の募集に応募したいなら、必要な知識と準備について知るべきです。まずは、積極的に説明会に足を運びましょう。