代理店同士でシェアを奪い合う

同じ商材を取り扱っている代理店同士でシェアを奪い合う光景はよく見られます。商材の展開をしている企業としては商品が売れるだけ収益が上がるので問題はないのですが、代理店ですと売上に直接響いてくるので油断をすることはできません。特に同じエリアの中に複数の代理店が展開している場合ですとその競争は激しくなり、双方が様々な広告を出して顧客の獲得を狙っているのですが、顧客の側としては同じ商品であるためにうまく響かないのが現状です。

顧客の新規獲得を続けるには

顧客の新規獲得を続けるためには、多くの工夫が必要になります。特に他の代理店からシェアを奪う場合には代理店同士で差別化をしていかなければならず、そもそも取り扱う商品が同じで販売価格も安易に割引などができない場合が大半なので差別化を図るのは難しいのですが、サービスの面で違いを出すのは可能です。営業や販売を行なう社員の印象が良ければそれだけ顧客の獲得につながりやすくなりますし、わかりやすく商材の案内ができればそれだけ売れる可能性は上がります。

可能な範囲内でケアを行う

商材は一回売ってしまえばそれで終わりというわけではありません。アフターケアが必要な場合が多くあります。そうした場面でどれだけのケアができるか、ということが、長期的な関係を築けるチャンスであるといえるでしょう。長期的な関係を築くことによって、定期的に商材を売り続けることができるかもしれません。また、例えば他の代理店では行なっていないアフターケアをしており、それをアピールできれば乗り換えてくれる可能性だってあるのです。

代理店の募集は、代理店を引きあわせてくれる専門の企業に委託することにより、探す時間を短縮させることができます。