自然の素材のよしずで目隠し

ベランダがあるマンションなどに住んでいる人で、ある程度高層階であったとしても向かい側のマンションのベランダの目線と同じ高さであれば、何となく視線が気になってしまうものですよね。でも窓を全て覆ってしまうようなプライバシー対策をする必要がないと思っている人には木材や竹で作られたよしず、すだれなどを使ってベランダの柵に取り付けてみましょう。これで向かいの家の目線を遮断することができれば、安くて簡単なプライバシー対策になりますよ。

少しお洒落に洋風のたてすを使う

もし、天然素材のよしずは虫がつくのが心配だし、雨にも弱いのでカビなどが出てしまう、という人はポリエステル製の洋風のたてすはいかがでしょうか。窓をすべて覆ってくれますので、プライバシー対策は万全です。雨をはじく素材ですし、洗濯もできます。設置も簡単で窓に立てかけるタイプであれば力がない人でも安心です。アーチ型の形をしたものは雨の日でも洗濯物が濡れませんし、プライバシー対策だけではなく、実用性もありますのでお勧めですよ。

ガラスシートなどの目隠しフィルムを使う

もし部屋の窓が西側にあると、夏は西日がきつくて暑いです。また、どの方角に窓があっても紫外線は家の中にも入ってきますし、家具などの色あせの原因になります。このような悩みをもっている人で、同時にプライバシー対策ができるものは目隠しフィルム、ガラスシートなどと呼ばれているシート状の商品です。窓ガラスに貼ればしっかり目隠ししてくれますので、部屋が1階にあって特に人の目が気になる人にはお勧めです。色やデザインも豊富ですよ。

機密文書とは、国家や企業などにかかわる極めて重要な秘密の内容の書かれた文書のことです。取扱いや処分には細心の注意を払う必要があります。