倉庫における一般的な印象

ドラマの舞台ではたびたび撮影現場として選ばれることも多い倉庫ですが、私たちが知っている倉庫の写真やイメージはやはりテレビなどの影響が大きいと言えるでしょう。首都圏にある巨大な流通センターではドラマや映画でみるよりもずっと迫力があります。ネステナーに管理された商品が壁面の奥まで立ち並んだ映像を見たことがある人もいるかもしれません。実際の倉庫内では荷物だけでなく一般作業者とフォークリフト作業者が行き来する活気のある職場だと言えます。

スペースを最大限に活かす

倉庫と言っても建物の面積には限りがあります。より多くの在庫商品を保管していくにはどんな方法があるのだろうかという課題はつきものでしょう。だだ広いだけの倉庫では宝の持ち腐れです。自宅のトランクルームや押入れと同じように整理をすることで何がどこにあるのかを把握しておくことも倉庫では欠かせない作業となります。倉庫でよく使われている管理方法としてはロケーション管理という方法があり、これは数字やアルファベットで商品の位置を決めて管理する方法です。

現在最先端の倉庫システム

老若男女問わずパソコンやスマートフォンを持ち合わせている現代では、自動倉庫システムを使い機械で入出庫管理している倉庫も多くあります。自動倉庫システムは自動ラックシステムやコンパクトシステムなどと呼ばれることもあります。通常の倉庫では人がピッキング作業を行いますが、コンパクトシステムを導入した倉庫では機械が自動でピッキングしてくれるため人件費削減は勿論、人為的なミスを究極的に減らすことが出来るメリットがあります。

3PLは企業にとって重要な部分の物流を外部に任せることで、業務の効率化を目指すことが可能になっています。