トイレ修理をしてくれる業者がある

トイレが詰まって流れなくなってしまったという時には、このまま放置しておくとトイレが使えなくなってしまうので修理をすると良いでしょう。トイレを修理をしてもらう時には、トラブルを解決してもらうことができる修理業者に依頼をしてみるといいでしょう。トイレ修理業者というのはお金を払うことにより、便器のつまりやシンクのつまりを直してもらうことができるサービスであり、それぞれの修理メニューにより料金が変化しますよ。

自分で直すなら道具を用意しよう

トイレ修理業者ではトイレの詰まりトラブルを解消してくれるのですが、自分で直すこともできるのでその方法を知っておくといいですよ。まず修理をするときには道具が必要になるので、手袋やからバケツ、水入りのバケツ。ラバーカップ、雑巾、新聞紙、火バサミなどの準備をしておきましょう。頑固な詰まりの場合は重曹やお酢、やかんにぬるま湯を半分入れて用意しておきます。もし、無いものがあればDIY用品販売店で買うといいですよ。

早速詰まりを直してみよう

簡単なつまりなら、床に新聞紙を敷いて便器の水が10cm以上低くなるのを待ってラバーカップを使い密着させて、引き寄せていきます。ラバーカップを2秒押して引くときに1秒くらいで引きましょう。これを交互に繰り返すことで、詰まりを直すことができますよ。また頑固な詰まりは重曹をを4分の1カップ、お酢を2分の1カップ、ぬるま湯を便器の半分くらい用意します。そして重曹とお酢を入れて、ぬるま湯の順番で流し込んでいき1時間ほど放置しておきましょう、そしてラバーカップで詰まりが緩んでいるか確認して、水を流すと完了しますよ。

トイレ詰まりが生じた場合、専門業者に工事を依頼するのが一般的な対処法です。同じ工事内容でも業者によって費用が異なる他、工事に要する時間も変わってくるので速やかに適切な所を選ぶように心がけます。