たいていはラバーカップがあれば十分

トイレで水を流そうと思ったら何故か流れない。と思った次の瞬間汚水が逆流してきたトイレ詰まりが原因でそんな恐怖(?)を経験したことがある人も多いですよね。そんなトイレ詰まりを直す手段としてまず真っ先に対処法として浮かぶのがラバーカップでしょう。棒の先にゴム製の半球状のカップがついているアレです。あれでトイレの穴をしっかり塞いで何度かペコペコとやれば、真空状態が作り出され排水管内の水が流動し、結果たいていのトイレ詰まりは解消されます。家にラバーカップが無いという人はホームセンターなどでいくらでも売っているので、できれば詰まる前に用意しておきましょうね。

ラバーカップで解決しなくても諦めないで!

ラバーカップで殆どのトイレ詰まりは解消できますが、稀に効果がないケースもあります。だけどそんな時も業者に連絡するのはまだ早いです!次の手段としてまず水を入れたバケツを用意します。そしてそのバケツからトイレの排水口めがけて、できるだけ高い位置から水を落とします。これだけです。つまりは位置エネルギーを利用して普通にトイレを流す時より強い水流を作り出し、無理矢理詰まっているものを流してしまおうという作戦ですね。そんな力技で大丈夫なの?と思われるかもしれませんがこれが意外と効果があるのです。ラバーカップでダメな詰まりでもこれで解決してしまうケースも多いです。

最後の手段お湯や重曹を使ってみる!

ここまでの方法でどうしても流れてくれないこともあるでしょう。そんな時は「お湯」と「重曹」を使ってみてください。方法は簡単。まず排水口にお湯を注ぎます。熱湯だとトイレがひび割れる可能性があるので火傷しない程度の温度にしましょう。そこに重曹とお酢も投入します。お湯の温度や重曹の化学反応で詰まっているもの(たいていトイレットペーパーや便)を柔らかくしてしまう作戦です。そのまま1時間ほど放置した後に、もう1度ラバーカップを使ってみてください。普通にラバーカップを使った時よりもかなり高確率でトイレ詰まりが解決するはずです!いかがでしたでしょうか?トイレ詰まりの解消は業者に頼むと平気で1万円以上取られてしまうこともあります。かなり痛い出費ですよね。皆さんも業者に連絡する前にこれらの方法を使って、ぜひ自力での解決にトライしてみてくださいね!

水道修理については修理業者に依頼するほか、ホームセンターで販売されているキットを使って自分で行うことも可能です。